古い御札の処分

神社や寺院で新年に頂いた御札、御守は1年間お祀りしてから次の初詣の時に持って行き、元の寺社にお礼を添えてお返しするのが正しい方法です。

毎年正月には歳神様をお迎えするのが新年の行事であると同様に、何処の寺社の神であっても1年と言う単位でお迎えしてまたお返しするという事を毎年繰り返すものなのです。

しかし場合によっては友人から頂いた御札であったり、引っ越しして遠方になってしまったのでもうお返しすることが出来ないような時には郵便で受付してくれるか聞いてみて、もしダメでしたらどこの寺社でも受け付けてくれるお焚き上げを利用してみましょう。

古い御守や御札のお焚き上げ

神様に対しては礼儀と言うものがあって、自分の願いばかり言うようでは叶えてもらうことが出来ません。

神様に対しては常に感謝の気持ちを持ち続ければ必ず願いを叶えて下さります。