yasurakaさんの記事一覧(2 / 4ページ目)

光明真言の唄が出来ました

真言宗

高野山真言宗やすらか庵では光明真言に曲を付けて唄にして、ユーチューブにて配布しています。 光明真言は地獄、餓鬼、畜生などの三悪趣に堕ちた者でさえ瞬時に救われると言われている真言であり、唱えたり書き写したりすることによって […]

八重桜と不動明王

高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ場には今、八重桜が咲いています。 不動明王の火焔は本当は深い赤なのですが、随分と色がくすんで参りましたので、八重桜のピンクと同じ色に感じます。 八重桜は花にボリュームがありますので、満開 […]

次回のお焚き上げは5月8日

お焚き上げ

高野山真言宗やすらか庵の次回のお焚き上げは5月8日(土)午後1時開催です。 屋外の行事ですから新型コロナの心配はする必要ありませんが、マスク着用でお願い致します。 当日は朝9時から準備を致しますので、お手伝いが可能な方は […]

亡き人に戒名を

戒名と位牌

我が国では仏教徒であれば亡き人に戒名を付けるということに慣れてはいるものの、本来であれば仏門に入った者に与えられる釈迦の弟子としての名前であることを思えば戒名を頂いてから真の意味で修業が始まるのであって、戒名というものは […]

スモモの花が咲き出した

高野山真言宗やすらか庵にも確実に春の訪れを感じる今日この頃ですが、お焚き上げ会場にスモモの木があって去年は少しだけ花が咲いて、実が5個生って大変に感激した覚えがありますが、今年は去年をさらに上回る数の花が咲いていますので […]

メシウマとは

仏教

メシウマとは2chなどで流行った言葉で「今日も他人の不幸でメシがウマい」という意味です。 2ch掲示板は匿名性が高いことから、ローカルな話題や個人的な話題などに関して、他人の不幸をおもしろおかしく話題にするような掲示板が […]

500円のお焚き上げ

お焚き上げ

高野山真言宗やすらか庵にあるお焚き上げのメニューの中で最も安いメニューとして「定型郵便を利用したお焚き上げ」がありますが、このお焚き上げ料金は500円です。 郵便切手と封筒はご自分で準備して頂きますが、定型郵便サイズで重 […]

物が神になる-付喪神について

仏教

付喪神とは長い年月をかけて使い込んだ道具に精霊が宿り、神にもなるという昔からある信仰です。 鍋や釜、箒などの道具は壊れても修理して大切に使われ、場合によっては親から子へ、更に子から孫へと受け継ぎながら使われてきたのです。 […]

毘沙門堂完成

毘沙門天信仰

なるべく安い費用で材料を揃え、全て手作りで進めていた毘沙門堂の拡張工事が無事終了してお披露目となりました。 元々は3畳の修行道場であったことから思いますと20畳程度になった訳ですから抜群の広さになり、古い畳ではありますが […]

古いお守りや御札の処分方法

お焚き上げ

神社や寺院で新年に頂いた御札、御守は1年間お祀りしてから次の初詣の時に持って行き、元の寺社にお礼を添えてお返しするのが正しい方法です。 毎年正月には歳神様をお迎えするのが新年の行事であると同様に、何処の寺社の神であっても […]

ページの先頭へ