墓じまい完了

千葉県柏市の墓じまい、これもまたお困りの方の救済活動ということで、全工程手作業の大変に重労働の墓じまいでしたが、今回は高野山真言宗やすらか庵に新しい仲間が加わったので随分と救われました。

人力での手作業は人数が多ければとても有効ですが、狭いお墓の中に入って作業をするにも限りがありますので、中の作業をする者と石材やコンクリートを運ぶ者との分担作業でとても効率的に終わらせることが出来ました。

最後は更地になった場所に対していつもの読経供養です。

お墓の中の御先祖様は既に改葬先に移転していますが、この場所を安住の場所として選んだ亡き人に対しての供養と、これまでお墓参りをされたきた方々の思いがこの場所に残る事無く全て成就しますようにとの思いを込めての読経で御座います。

今まで普通にあったお墓が無くなることは一つの時代が、物語が終わったということで寂しいことではありますが、私達がこの世に生まれてきて、何を残したら良いのかを考える大切な機会だと思います。

私達が残りの人生を生きていくのに希望となるようなきっかけとなればと思います。