スモモの花

高野山真言宗やすらか庵にも確実に春の訪れを感じる今日この頃ですが、お焚き上げ会場にスモモの木があって去年は少しだけ花が咲いて、実が5個生って大変に感激した覚えがありますが、今年は去年をさらに上回る数の花が咲いていますので、きっとたくさんの実が生るのではないかと思います。

実が生るということは実に平和な事であり、収穫は楽しみにもなるものです。

将来を楽しみに出来ることは平和な証拠です、有事の時には明るい将来が奪われてしまうからです。

今はまだ新型コロナの影響で有事ではありますが、それでもこうして小さな楽しみがあるということは希望に繋がります。