仏教形式の散骨供養

僧侶が袈裟を付けて読経しながら行う葬儀では、亡き人を仏門に入れて仏の教えを説き、仏の世界へと引き上げることを目的としており、葬儀の後には個人の遺骨はお墓へ納骨するという流れが定着しています。

しかし必ずしも皆がお墓を持てる訳ではありませんので、例えば後継者の方が居ない場合の散骨については仏教会でも様々な考えがあり、肯定的に捉える住職もいれば否定的に捉える住職もおられます。

霊園、墓地を運営し、檀家さん相手に法事葬式で運営しているような寺院では、檀家さんが増える事は大歓迎だけど、減ってしまっては運営が困るので、散骨などは迷惑行為、営業妨害ということで反対される住職が多いのです。

最近は後継者の居ない方が増えているという事情から合葬形式の永代供養墓を設置する寺院が増えてきましたが、それでもまだ少数であり、後継者が居ない人に対する解決策を提示することが出来ずにいる寺院は、近年流行りの樹木葬や散骨などに流れていく人々を横目で見ているしかないのです。

散骨供養樹木葬を選ぶのは後継者が居なくて困っている本人であり、寺院としてはそういった方々の救済を優先すべきなのです。

納得すれば、良ければ選ぶのは困っている本人であって、誰もが喜ぶような選択肢を提案すれば選ばれて当然なのです。