仏式の散骨供養

近年では後継者の居ない方が増え続け、ご自分が万一の時には散骨して欲しいと希望する方が増えて参りました。

一昔前までは散骨はあまり一般的な方法では無くて、遺骨を捨てることは違法だとか、遺骨を捨てるようなことをすれば罰が当たるなどといわれていたものですが、それでもお墓を買う訳にはいかない、合葬墓は嫌だという方が散骨を選択するのは当然の成り行きだと思います。

最近では後継者の居ない方のための樹木葬なども登場して人気を博し、散骨に対しても人々の抵抗感が薄れてきたことを感じます。

既成の仏教界では今まで構築してきた墓のシステムに執着する故に散骨すれば成仏できないなどと言われたりしますが、自分の利権を守るためだけの理屈では民の理解が得られなく、寺院から離れていく人が増えるばかりです。

釈迦の説く教えからすれば、肉体にこだわるべからずということで、散骨で何の問題も無いのですが、どうせするのなら供養の散骨、つまり散骨供養で亡き人をお送りすれば皆が納得できるのではないでしょうか。