写経とは

 

写経とは仏教の経典を書き写すことで、元々は釈迦の悟りの内容を弟子が口伝で伝えていたものを、紙の経典に書いて残すようになってからは、経典を世界中に伝えていくためにと書き写すことが仏教を伝える上での大切な修行だったことによります。

今の時代は本は印刷機で印刷すれば大量に作ることが出来ますが、釈迦の時代にはまだ紙に書き記すということがなく、口伝えで伝授していったのですから、当時の弟子の記憶力は抜群であり、また仏道の修行はこのような能力も目覚めさせるものだったのです。

私達は恵まれた時代に生まれて、写経と言えば心の修行のために取り組むことが出来る訳で、愛する人の病気平癒などの祈願のために写経している方も多く、出来上がった写経は寺院の納経所に奉納するものですが、場合によってはそこで購入した写経しか受け付けられなかったりしますので、そういう場合にはお焚き上げ供養を利用すれば、願い事も天に届けられます。