白木位牌のお焚き上げ

白木の位牌は亡き人の葬儀から四十九日まで使うものであり、その役目としては亡き人の魂を位牌に留めておくことです。

亡き人の魂は亡くなった瞬間から肉体を離れていきますが、当分の間は自分の身に起こったことが分からないので、臨時で作った白木の位牌に魂を留めておき、葬儀、そして火葬場の火葬が済んで遺骨となって自宅に帰るまでの間の魂の誘導役を果たすのです。

自宅に戻ったら四十九日までの間遺骨の傍に安置され、四十九日の法要の時に塗りの位牌を準備して僧侶に開眼供養してもらい、白木の位牌は閉眼供養の上でお寺に引き取ってもらいます。

更に詳しい記事は…白木位牌を使い続けて良いですか-処分、お焚き上げの方法エンター

寺院が引き取ってくれない、仏式の葬儀ではなかったなどの理由で白木の位牌が家にある方は高野山真言宗やすらか庵のお焚き上げ供養をご利用下さい。