白木位牌

お葬式の時に喪主の人が先頭を歩く時にもっているのが白木の位牌で、白い無垢の木に戒名が書いてあるものですが、この白木のお位牌は仮位牌と言われるように、亡くなった人の為にお葬式から四十九日までの間だけの期間に使われるものです。

四十九日の期間が済みましたら、本位牌と言って漆塗りの位牌を作って開眼供養してもらうのですが、漆塗りの本位牌が何時までも永続的に使うものであるのに対して白木の位牌は予め準備した物では無くて、亡くなった時に初めて急ごしらえで作るということに意味があります。

この白木のお位牌は、簡易的なものであり、葬儀の時に僧侶が筆で書いたり、紙に印刷した物を位牌に張り付けたりするものですが、四十九日が済んだ時点で本位牌を開眼供養してもらい、白木の位牌はお寺に納めるような習慣になっている所が多いものです。

四十九日が過ぎても白木のお位牌がそのままお祀りしている場合には、なるべく早めに本位牌を作るか、お焚き上げ供養してもらいましょう。