ぬいぐるみのお焚き上げ

ぬいぐるみは観光地の旅行のお土産として頂いたりクレーンゲームの景品や雑貨店でお気に入りを見つけたりなど、実に様々なぬいぐるみが私達の身の回りにあって、ただマスコット的に置いてあったり、窓や車の飾りとして置いてあったりするのですが、小さな子供さんが大切にしているぬいぐるみや、施設に入所しているお年寄りの方が大切にしているぬいぐるみになりますと、もうボロボロになって、それでも大切にしているのは、傍にあって癒される存在であり、ある意味良きパートナーなのです。

本当に大切にされてきたぬいぐるみには情が移り、魂が籠っていますので、壊れたり古くなったからと言ってゴミとして捨てるのは忍びないもので、こういう時にはお焚き上げ供養を利用すれば気持ちや魂が無駄になる事がありません。

子供さんには天の国に行ってもらいましょうね、と説明すれば分かってくれます。

むやみに捨ててしまうと案外、子供の純粋な心を傷つけてしまうことがありますので気を付けましょう。