亡き人に戒名を

我が国では仏教徒であれば亡き人に戒名を付けるということに慣れてはいるものの、本来であれば仏門に入った者に与えられる釈迦の弟子としての名前であることを思えば戒名を頂いてから真の意味で修業が始まるのであって、戒名というものは法名とも言うように、法を受け継ぐ者に与えられる名前なのです。

戒名授与、位牌作成、開眼供養、送料込み3万円

戒名は戒律を守りますよということを条件に仏門に入ることを許されるのですが、在家の者でさえ不殺生、不偸盗、不邪淫、不妄語、不飲酒という守るのが困難な戒ですから、到底生きているには守るのが無理だからということで、死んでから仏門に入りますからというのが我が国での戒名の実情なのです。

しかし死んでからというタイミングが実に素晴らしい出家のタイミングであり、煩悩が無くなって魂だけの状態になったからこそ出来る修行もある訳です。

死後に迷わぬように、そして仏門に入って正しい道へと進むようにとの戒名という感が強いですが、亡き人に対して何かして差し上げたいと思ったら供養が一番良いもので、戒名は亡き人にとって素敵なプレゼントになるのです。