戒名について

最近では葬儀の簡略化が進み、お葬式をせずに身内の者だけで簡単にに亡き人をお送りする方法が増え、特に直葬と言いまして、病院から火葬場に直行する葬儀、お別れの儀式一切無しのコースを選ばれる方も増えています。

近年のお葬式が葬儀社主体のぼったくり商法による見世物葬儀に対する反発がこのような選択肢を選ぶ一因にもなっていますので、要はたとえ葬儀が無くても、個人とのお別れがゆっくり出来る中身の濃いものでしたらむしろその法を選ぶ方も多いことでしょう。

しかし葬儀をしなかったということは、後になって亡き人に対して何かもっとして差し上げられなかったのかなという後悔の念が出てくるもので、こういう時には亡き人に戒名を付けて位牌を作るということは、亡き人に対するプレゼントという意味でとても意義のあることなのです。