戒名授与

高野山真言宗やすらか庵では戒名の授与をしており、信士、信女の戒名をお授けして2万円の御布施です。

戒名はそもそも仏門に入った者に対して釈迦の弟子として新たな名前を授け、修行の生活をしていくのに俗名を捨てるという意味があり、本来であれば仏門に入って修行するには生きている時に入らないと意味が無いのですが、我が国の仏教では死んでから生まれ変わって仏門に入るという解釈をしています。

そういった本来の意味とは別に亡き人に対して手を合わせる位牌を作るのに戒名が必要であり、位牌は俗名でも構わないのですが、亡き人に対しての供養の気持ちというものが籠った物が位牌であることを考えますと、位牌を一生大切にしようと思ったら、戒名ぐらいは付いていた方が良いのです。

戒名付きの位牌の御布施は3万円で、位牌を作って開眼供養をし、送料込みの御布施でございます。