恩師の位牌

私達の人生の中で親以上に自分の事を思ってもらったとか、助けてもらったなどでお世話になった方がいる場合、御恩返しをしようと思っていても中々出来ないものです。

相手の幸せを願うだけの人がこの世の中にはいるもので、仏とは相手の幸せを願う存在であることから、仏様のようなお方というのでしょうか、そういう方は何の見返りも要求しないものですから、ついついお世話になりっぱなしということになってしまうのです。

こういった有難い恩師でも遷化する時が必ず来て、お世話になりっぱなしの身にとっては大損失なのですが、何も御恩返しをしない内に旅立たれたのですから、せめてお位牌でも造らせてもらって毎日手を合わせることはしたいものです。

そういう時に高野山真言宗の位牌は役に立ちます、位牌を作るだけでも良し、開眼供養もしてくれます。