お葬式をしなかった方へ

一昔前には葬式というものは大人数が集い、会場も立派で多くの僧侶を呼び、花や花輪が延々と並ぶ葬式が立派な葬式と言われていましたが、葬儀料金が高すぎるなどのトラブルが続出し、また都会では親戚付き合いが殆どないために、近年では葬式不要或いは小規模葬式の流れが押し寄せているようで、家族葬や密葬、或いは葬儀そのものをしない直葬までが注目を浴びるようになっています。

直葬は葬式をせずに病院から火葬場に直接向かうので直葬と言い、お金が無いような方の利用だけだったのですが、意外と社会的に立派な地位のあるような方でも無駄な事は一切しないという遺言で直葬を利用されることがあるのです。

お葬式をしなかった場合には、あまりにも簡単すぎて果たしてこれで良かったのかなという思いにかられるようで、もう少し何かして差し上げれば良かったのかな、などの思いに悩むことがあります。

そういう時には後からでもお葬式の代わりになる供養ということも可能ですし、戒名と位牌を作ることも出来ますので、あの時に出来なかったと後悔するよりは、今からでも出来るということをすればよろしいかと思います。