直葬

最近は直葬(ちょくそう)という言葉をよく耳にするようになりましたが、直葬とは人が亡くなった時に、お葬式などの儀式を一切することなく病院から斎場に直接向かうことです。

お葬式を全くしませんので、葬儀社の利益が少ないことから以前はあまり行われていませんでしたが、最近では数多く行われるようになりました。

お葬式をするお金が無い、親戚が居ない、遺言で葬式をしないように言われたなどの理由で直葬を利用する人が増えたのですが、実際に費用が安く済んで、しかも故人とのお別れが誰にも邪魔されずにゅっくり出来たなどのメリットがあります。

しかし後になって、もっと何かしてあげればよかったとか、これで良かったのかなとか、せめて人並みにしてあげれば良かったなどと思う人もいて、しかしもう済んだことですから、後からではどうにも出来ないものなのです。

お葬式をしていない人に-戒名と位牌で亡き人の供養を

とても役に立ち記事です。