法事

地方から都会に出てきて、家庭も出来て家も建て、都会の生活がすっかり定着した場合には、地方のように決まった寺院の檀家であるということが無く、たとえ誰かが亡くなったにしても葬儀社の手配する僧侶を呼んで葬儀をすることが一般的になりました。

法事をどうしたら良いのかについては皆さん悩むところで、亡き人のむ供養のために何とかしないといけないとは思うものの、寺院との檀家の関係は持ちたくないという方には、派遣僧侶という手段もありますが、こういう時にこそ高野山真言宗やすらか庵をご利用ください。

高野山真言宗やすらか庵では檀家の関係は一切ありませんし、寄付や行事の案内もいたしません。供養と言うものは寺院が押し付けるものでは無くて、施主様の亡き人に対する気持ちが供養になるのです。

高野山真言宗やすらか庵の法事、葬儀で詳しく解説しております。